INFP(仲介者)の特徴

INFP(仲介者) INFP(仲介者)

INFP(仲介者)は、MBTI(16パーソナリティ)における性格の1つです。

また、xNFx(外交官)に分類される性格です。

日本人では約4.7%がINFP(仲介者)というデータがあり、比較的少数な性格タイプと言えます。

参考:【MBTI/16パーソナリティ】人口の割合

参考:日本版MBTIマニュアル p.80 2011.10.3 (株)PDMS総合研究所
スポンサーリンク

INFP(仲介者)の代表的な特徴

INFP(仲介者)の性格は、内向性(I)直観性(N)感情性(F)探索性(P)の4つの項目に由来します。

具体的には、次のような特徴があります。

  1. 独自の世界観を持ち​、真の理想主義者です​
  2. 善悪の意識が強く、弱者にも​親身に対応する​
  3. 控えめな性格ですが、自分の中に​強い芯を持っており、内秘めた​情熱があります​
  4. 自分の信条に従い行動するため、​他人から理解されず孤立する​ことがある​
  5. 理想を追い求めるあまり自分を​見失い、引きこもりになることも​あります

動画はこちら

スポンサーリンク

INFP(仲介者)の長所・短所

INFP(仲介者)には以下のような長所と短所が見られます。

INFP(仲介者)の長所

  1. 思慮深く、思いやりがある​
  2. 好奇心旺盛で洞察力に優れる​
  3. 想像力があり、独創的で比喩的な​表現が得意​
  4. 高いコミュニケーション能力を持ち、​第二言語の習得にも長けている

INFP(仲介者)の短所

  1. 理想を求めすぎて現実を見ない​
  2. 対立を嫌い、大多数の人を前にすると​意見を言えない​
  3. 一度に多くのことを対処できない​
  4. 自分の世界観を否定されることに​極端に抵抗を感じる

組織におけるINFP(仲介者)

上司・先輩としてのINFP(仲介者)

  1. 部下思いで、部下の意見に​しっかりと耳を傾ける
  2. 部下に対して細かい管理はせず、​全体の流れを確認する
  3. 判断を部下に任せがちになります​
  4. ルールの設定や効率化が苦手

部下・後輩としてのINFP(仲介者)

  1. 正直で善悪の判断が​できる
  2. 上司や顧客を喜ばせたり、​他人を助けることにやる気を感じる
  3. 創造性を使う仕事が得意
  4. チェックリストや収益を考えて​仕事を進めるのが苦手​
  5. 対立を嫌い、自分の意見を言えない
  6. 批判されると委縮して動けない

INFP(仲介者)に適性のある職業

INFPにおすすめの職業は以下です。

  1. Webライター
  2. コピーライター
  3. 理学療法士​
  4. コンテンツ企画
  5. スクールカウンセラー
  6. メンタルヘルスカウンセラー

INFPは16パーソナリティにおける年収ランキングではワースト1位というデータがあります。

他のパーソナリティとの関係

以下に INFP(仲介者)と他のパーソナリティとの関係 をまとめています。

抜群の相性

最悪の相性(正反対)

近しい(参照

類縁(xNFx型:外交官)

16パーソナリティの性格概要へのリンク

ENTJ_button
ENFJ_buttonINFJ_buttonINTJ_button
ESTJ_buttonESFJ_buttonISFJ_buttonISTJ_button
ESTP_buttonESFP_buttonISFP_buttonISTP_button
ENTP_buttonENFP_buttonINFP_buttonINTP_button
タイトルとURLをコピーしました