INFP(仲介者)とENTP(討論者)の相性

INFP-ENTP ENTP(討論者)

相性レベル ー ★★★

INFP(仲介者)とENTP(討論者)は普通の関係です。

I(内向)、E(外向)とF(感情)、T(論理)が逆であり、可もなく不可もなくという相性です。

INFP(仲介者)はxNFx(外交官)、ENTP(討論者)はxNTx(分析家)に分類されます。

内向的で人の感情を気にかけるINFP(仲介者)に対して、外向的で論理性を重視するENTP(討論者)が議論することになると方向性の違いが明らかになるでしょう。

一方で、理想やあるべき姿について考える姿勢には似た点と言えるでしょう。

また、あれこれ悩み考える癖も似ています。

友人関係: ★★

良好な距離を保って接するのが良いと言えます。

基本的な世の中に対する見方は近しいものがあり、あるべき姿をあれこれ考えることが好きです。

しかし、あまり深い話をすると考え方の違いが明らかになり、分かり合えない部分が生じます。

親友と呼ばれる関係になるのは難しいでしょう。

恋人関係: ★★★

本質的に分かり合えない関係と言えます。

友人関係と同様に世の中に対する見方は近しいものがあり、理想を追いかけようとする考え方に親近感を感じることもあるでしょう。

そして、分かり合えない部分は人への配慮の有無です。

人を傷つけない方法を選択するINFP(仲介者)と、正しいことを実行するENTP(討論者)は本質的に異なる行動原理で動きます。

しかし、こういった少しの違いが恋愛関係にはスパイスとなり、お互いを尊敬できる点にもなります。

恋人としても結婚相手としても、相性としてはまずまずでしょう。

スポンサーリンク

INFP(仲介者)から見たENTP(討論者)

INFP(仲介者)にとってENTP(討論者)は、配慮の足りない、押しの強い人です。

INFP(仲介者)にとって、ENTP(討論者)は非常に口数の多い人に見えます。

また、論理的で正しいことを実行しようとするENTP(討論者)の行動が、INFP(仲介者)には人に対する配慮が足りないように感じます。

理想を追いかける姿は重なるところがありますが、ENTP(討論者)はそれを周囲に話して意見を求めようとします。

INFP(仲介者)はそういった自分の世界観は心の中にしまっておくタイプなので、ENTP(討論者)の行動について納得できません。

スポンサーリンク

ENTP(討論者)から見たINFP(仲介者)

ENTP(討論者)にとってのINFP(仲介者)は、内向的で人の感情を逆なでることのない人に見えます。

ENTP(討論者)は論理的に正しいと思われることを重視して発言・行動するため、時に人との摩擦を生じます。

その点、INFP(仲介者)は主張を強く押し通すことがないため、争いが少なく、時にENTP(討論者)は羨ましく思います。

しかし、ENTP(討論者)は人に理解してもらってこそ意味があると考えているため、言いたいこと、思っていることを我慢しているINFP(仲介者)の行動をもったいないとも思います。

タイトルとURLをコピーしました