【性格診断】MBTI(16パーソナリティ)とは

MBTI(16パーソナリティ)

私が16パーソナリティに出会ったのは大学生の頃でした。

初めはよくある診断サイトかと思ったのですがこれが良く当たります。

ここでは16パーソナリティ(MBTI)の性格診断とはどういったものかを紹介します。

また、「本当に当たるのか」についても解説します。

私と同じように興味を持っていただける人が増えればうれしいです。

スポンサーリンク

MBTI(16パーソナリティ)とは?

簡単に言うと人間の性格を16のカテゴリーに分類したものです。

行動や思考をマインド、エネルギー、ネイチャー、タクティクスの4つの指標をもとに分類します。

この4つの指標の組み合わせで16の性格に分類します。

16パーソナリティの4つの分類
 1. マインド

   内向的(I)か、外向的(E)か
 2. エネルギー

   現実的(S)か、直観的(N)か
 3. ネイチャー
   論理(T)か、感情的(F)か
 4. タクティクス
   計画的(J)か、探索的(P)か

内向(I)と外向(E)
一般的に、内向的と言えば「家にいることが多く、友達も少ない暗いタイプ」というイメージがあります。同じように、外向的と言えば「外出することがが多く、友達も多い明るいタイプ」というイメージがあるのではないでしょうか。あながち傾向としては間違いではないのですが、16パーソナリティ(MBTI)の性格分類では少し捉え方を変える必要があります。内向(I)≠暗い、外向(E)≠明るいという視点を紹介します。
直観(N)と感覚(S)
16パーソナリティ(MBTI)における二番目の記号である直観(N)と感覚(S)について記載します。直観(N)と感覚(S)は、ものの見方の違いを表しています。日本語に訳した場合の「直観」と「感覚」という言葉では非常に理解が難しく、この二つの記号の意味を正確に掴めていない人のほうが多いのではないかと思います。ここで改めて直観(N)と感覚(S)の違いを理解して、自己分析に活用してください。
思考(T)と感情(F)
16パーソナリティ(MBTI)における3番目の記号である思考(T)と感情(F)について記載します。思考(T)と感情(F)は、考え方の違いを表しています。
計画(J)と探索(P)
16パーソナリティ(MBTI)における3番目の記号である計画(J)と探索(P)について記載します。計画(J)は「判断するために使う機能」、探索(P)は「情報を得るために使う機能」とされます。

16の性格は4つの記号の組み合わせで表現されます。

例えば、「内向的(I)」、「現実的(S)」、「論理的(T)」、「計画的(J)」な要素が強い人は、「ISTJ」となります。

このような4つの記号が並んだ表現だとイメージしずらいためか、ネット上の性格診断サイトでは俗称がついています。

例えば、「ISTJ(管理者)」や「ISTJ(カバ型)」といったように、俗称を付けてイメージしやすいようにしています

確かに、管理者と言えば「きっちりしてるけど融通が利かなさそうで、どちらかと言えば友達の少なそうな論理的な人」というような人物像を思いうかえることができます。

スポンサーリンク

16パーソナリティ(MBTI)の性格診断は当たるのか

16パーソナリティによる性格診断は本当に当たるのかという疑問を持つ人は多いです。

個人的には、よく当たると思います

ただし、ネット上の診断サイトは「当てはまる」「当てはまらない」の二択の質問に回答していく形なので、正直に答えないと良い診断結果にはなりません

ちなみに、一般社団法人日本MBTI協会は、インターネット上に無料で存在する16パーソナリティ診断サイトについては、すべてが「遊び」であって「診断」ではないと明言しています。

16パーソナリティの性格診断は、カール・ユングの提唱した概念理論に基づいた、MBTI®(マイヤーズ・ブリッグスタイプ指標)にさかのぼります。

難しい話はここではしませんが、簡単に言うと心理学的なアプローチで作られたものと思っておけばいいと思います。

以下のリンク先に16パーソナリティの診断サイトをまとめましたので、ご興味ある方はご覧ください。

スポンサーリンク

最後に

この16パーソナリティ(MBTI)の考え方は心理学的には古い理論であり、現在は研究されていません。

性格を16タイプにカテゴリー分けすることがナンセンスと言われています。

人は、カテゴリー分けされるとその性格になろうと動いてしまいます。

血液型占いと同じです。

A型は几帳面と言われますが、小さいころからそういったレッテル張りによって几帳面な人になってしまうケースがあります。

16パーソナリティでも同様に、レッテル張りによって、行動や思考が変化する恐れがあります。

しかし、レッテル張りは面白いものです。

誰でも、「AさんはB型だから自己中だよね」といった会話をしたことがあるのではないでしょうか。

16パーソナリティの性格診断は円滑なコミュニケーションツールとしては非常に面白いのでみんなでワイワイ楽しんでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました