MBTI(16パーソナリティ)の相性

MBTI(16パーソナリティ)

性格には相性があります。

MBTI(16パーソナリティ)で分類されるタイプにも相性関係があります。

ここでは最高の相性最低の相性を紹介します。

考え方の違いは人間関係にとても重要な部分です。

日常生活で経験する「あの人はせっかちでのんびりした私とは合わない」といった、相性の良い悪いを説明できる可能性があります。

スポンサーリンク

相性関係

16パーソナリティの相性関係

赤で結んだパーソナリティが最高の相性、青で結んだパーソナリティが最悪の相性とされています。

ほかにも色々な関係を結ぶことはできますが、人間の性格は変わるものなので、あまり細かく相性を見ても仕方ないかなと思っています。

最高の相性

戦略(JとP)が同じで、それ以外が違うパーソナリティ同士の場合、最高の相性とされます。

このパターンの相性では、お互いの弱点を補い合うことができます。

お互いの長所を素直に尊重できる関係です。

結婚相手など、友達とは違った重要な人間関係で見られる相性です。

最悪の相性

すべての記号が真逆のパーソナリティ同士の場合、最悪の相性とされます。

すべての考え方が正反対ですので、お互いの思考が理解できないばかりか、お互いを補い合うということがありません。

スポンサーリンク

相性に重要な要素

改めて先ほどの相性関係の図を見ると不思議なことに気付くと思います。

最高の相性はPあるいはJの間でしか結ばれない、最悪の相性はPとJで結ばれることが分かります。

つまり、物事に取り組むときの戦略(J:計画かP:探索)が異なる場合に相性が悪くなる傾向にあります。

マインド(E:外交かI:内向)、エネルギー(N:直観かS:現実)、ネイチャー(T:論理かF:感情)の違いは些細なものといえます。

タイトルとURLをコピーしました