INFP(仲介者)とESFP(エンターテイナー)の相性

INFP-ESFP ESFP(エンターテイナー)

相性レベル ー ★★★★

INFP(仲介者)とESFP(エンターテイナー)は比較的良い関係性を築けます。

INFP(仲介者)はxNFx(外交官)、ESFP(エンターテイナー)はxSxP(探検家)に分類されます。

I(内向)、E(外向) とN(直観)、S(現実)が逆になっています。

内向的で理想論者のINFP(仲介者)と、外向的で現実主義のESFP(エンターテイナー)は一見すると相性が良くないように感じます。

しかし、些細な摩擦が生じにくい関係となっています。

INFP(仲介者)もESFP(エンターテイナー)も、不用意に人の神経を逆なでるようなことはありません。

また、人に対する許容範囲も広い点が共通しています。

人間関係が比較的良好な二人であり、それはお互いの関係でも同様です。

友人関係: ★★★

自然と良好な距離を保っていける関係と言えます。

外向性と内向性の違いが大きい場合には、ESFP(エンターテイナー)が積極的にINFP(仲介者)に関わっていくことになるでしょう。

基本的に友人関係は同質性が強い関係同士で自然と成立していきます。

INFP(仲介者)とESFP(エンターテイナー)は異なるところも多いので、友人になるにはきっかけが必要になると思いますが、一度仲良くなれば良好なまま継続するはずです。

恋人関係: ★★★

良好な関係を築けるでしょう。

好みや行動傾向が異なりますが、それが良い形として現れます。

共通な思考として、即断即決しない、自由な行動を好む、許容範囲が広い、人の気持ちを気にかけるといった点があります。

これらの似たところがあるからこそ、内向的でセンシティブなINFP(仲介者)と外向的で活発なESFP(エンターテイナー)はお互いの違いを魅力と感じることができます。

スポンサーリンク

INFP(仲介者)から見たESFP(エンターテイナー)

INFP(仲介者)にとってESFP(エンターテイナー)は、明るく真っ直ぐな人です。

INFP(仲介者)はESFP(エンターテイナー)の明るく人付き合いする姿勢を好ましく、同時に羨ましく思います。

また、何事にもあれこれ考えてしまうINFP(仲介者)と異なり、楽しむことに全力で取り組めるESFP(エンターテイナー)をキラキラした存在だと思うことでしょう。

一方で、真っ直ぐ突き進む様を心配します。

時に考えなしに行動して失敗するESFP(エンターテイナー)の行動を浅はかに感じます。

しかしながら、INFP(仲介者)を外向的な場に連れ出してくれる存在として感謝するでしょう。

スポンサーリンク

ESFP(エンターテイナー)から見たINFP(仲介者)

ESFP(エンターテイナー)にとってのINFP(仲介者)は、人の気持ちに対して思慮深い人間です。

ESFP(エンターテイナー)は、人の感情を気にかけながら行動することができます。

半ば反射的に人とのコミュニケーションをとることが出来る ESFP(エンターテイナー)と異なり、INFP(仲介者)は慎重に言葉を選びながらコミュニケーションを取ります。

そんなINFP(仲介者)を見て、不器用だなと思うこともあります。

しかし、INFP(仲介者)の良さはその慎重さ、思慮深さにあります。

ESFP(エンターテイナー)の行動を諫め、時にストッパー役を果たしてくれるINFP(仲介者)を心強く思うこともあるでしょう。

基本的に人の感情に敏感な仲間として好意的に捉えることができます。

タイトルとURLをコピーしました