INFP(仲介者)の7つの弱点

INFP(仲介者)
スポンサーリンク

優柔不断で感情的

INFP(仲介者)は、順応性が高く、常にオープンマインドで柔軟な性格とされています。

一方で、長期スパンの目標に縛られたり、選択を制限されたりすることに抵抗を示す傾向にあります。

そのため、決定を下さなければならない場面で苦労することがあります。

自分の決定によって、本来得られる利益よりも少なくなることを恐れます。

INFPは自分の価値観や感情に素直な決定をします。

彼らにとっては一貫した価値観と原則のつもりかもしれませんが、突然の心の変化によって、時に不合理で無責任に見える行動をとることがあります。

スポンサーリンク

客観性の欠如

INFP(仲介者)は、感情的・感覚的な基準で選択をするため一貫性のない決定をする傾向にあります。

人は、信じていることや信じたいことと異なる数字的な事実に直面することがあります。

しかし、INFPにとっては現実よりも理想や主観が現実的に感じてしまいます。

このような事実の誤認のため、客観的な視点が欠如してしまうことがあります。

スポンサーリンク

見落とす

INFP(仲介者)は細部に気を配ることが得意ではありません

特定の事柄について完璧主義になる一方で、心ここにあらずになることも多々あります。不注意によって生じるミスで怒られることもあります。

INFPは全体像を掴むことに秀でているため、要点や印象を扱うことは得意ですが、重要な細部に気が回らない可能性があります。

そのため、時に責任感を持ってやり遂げられない適当な人と言われることもあるでしょう。

非実用的な思考

INFP(仲介者)はTe(外向的論理性)が低く、効率的な生活を送っているとは言えません

INTPにとって、効率的で体系だった行動は退屈なものです。

彼らが求めるものは発見と想像には満ち溢れた探索的な生活です。

この理想を叶えるために、独自の方法を考えたりしますが、一般的なアプローチでは問題にならなかった障害にぶつかることがあります。

時には自分のスタイルに固執しないことが大事です。

自分自身に厳しい

INFP(仲介者)は、あらゆることに対して繊細です。

批判や否定的な言葉を浴びると、自分が間違っていたのではないかと疑い、ネガティブな思考に陥ります。

時には自分の言葉や行動にも深く反省します。

INFPにとって価値観、倫理、道徳といった人間としての規範は重要なものであり、自己の基準に自分自身が達していないと感じた時、人一倍傷つきます。

内向的コミュニケーション法

INFP(仲介者)は、内向的なコミュニケーションを得意とします。

適切な言葉を用いて表現しなければならないという思いが強いため、対面での会話の場合、言葉選びに時間がかかってしまうことがあります。

思慮深く、想像力に富むため文章でのコミュニケーションに強みがある一方、口頭でのやり取りに弱いと言えます。

時間管理が苦手

INFP(仲介者)は時間管理が苦手です。

約束の時間に対して遅れることもありますが、逆に早すぎることもあり、適切な時間コントロールができません。

これは他のP(探索)型の性格にもよく当てはまります。

INFPは興味の対象が広いため、やる気が高いときにはあらゆることに気が散ってしまいます。

一つのことに集中するためには思考を簡素化する必要があります。

INFPの弱みと人格形成について

INFPの弱みの克服方法

INFP(仲介者)の性格概要

タイトルとURLをコピーしました