性格診断は自己分析に最高のツール

性格診断

インターネットで「性格診断」と検索すると沢山のサイトがヒットし、色々な結果を見ることができます。

性格診断は身近なものである一方で、遊びのような面が強く、大人になってからは人間関係の悩み人生の選択に迷ったときにチラッと検索してみたりする人も多いのではないでしょうか。

結局のところ、性格診断とは言えども占いのような使い方をしている人がほとんどだと思います。

占いは将来や未来を見ることに対して、性格診断は現在の自分を知るという点で大きく違います。

だからこそ、性格診断は自己分析に最高のツールと言えるわけです。

性格診断が力を発揮する場面

  • 就職活動時
  • 転職活動時
  • 人間関係の悩み
  • 勉強方法を考える時
スポンサーリンク

就職活動

就職活動ではWebテストの一項目として性格診断があることからも、採用側(企業側)も性格診断の重要性に気づいていると考えられます。

性格診断を自己分析のツールとして使用することをお勧めします。

「自分がどういう人間か」「どういう環境で力を発揮する性格か」「何をしたいか」など就活時期には色々な疑問にぶつかります。

こういった疑問を一人で解決しようとしても難しいものです。

インターネットにあふれている性格診断は、きっと自己理解の手助けをしてくれるはずです。

自分では気づかない価値観や強みを発見できるきっかけとなるはずです。

スポンサーリンク

転職活動

概ね就職活動と大きな違いはありません。

ただ、大学卒業後の最初の勤め先を探す就職活動と異なり、現在の職業に性格が合致しているか、適性を考えることができます。

例えば、活動的な性格にもかかわらず、バックオフィスで一日中事務仕事をしているとストレスがたまりやすいのではないでしょうか。

なぜ今の仕事が嫌なのかヒントをくれると思います。

スポンサーリンク

人間関係

人間関係がうまくいかないときにも力を発揮します。

「あの人の言ってることは分からない」「何で理解されないんだ」という感情はだれしもが考えたことがあると思います。大体の場合、両者に問題があるのですが、相手を理解できていない自分にも問題があることも少なくありません。

大体の場合、性格や考え方が合わないことから人間関係は悪化します。自分のことを理解すると同時に相手の性格を理解し、不要な怒りや疑念の気持ちを持たないようにできるのではないでしょうか。

勉強方法

意外と注目されていませんが、勉強方法にも活用できます。

例えば、コツコツやるタイプの人間は英語が得意な場合が多いと思っています。一方、外交的で活動的なタイプはペーパーテストは微妙でも英語を話せる人が多かったりもします。

上記は一例ですが、人間には向き不向きがあります。そして勉強方法もそれに合わせてアレンジしていくことが効果的だと思います。学生ですと一人で自分の特性を見極めることが難しいため、第三者の意見を聞きながら進めるのがよいでしょう。先生や友達の意見を参考にしながら、自分に合った勉強方法を確立していきましょう。

まとめ

性格診断は楽しいものです。

性格診断は万人が興味を抱く分野であることから、インターネットには多くの無料診断サービスが公開されています。今一度、自分とはどんな人かを考える時間としてみてはいかがでしょうか。

また、その結果を「へー」で終わらせずに、深く考え、自己分析し、本当の自分を発見してみてはいかがでしょうか

タイトルとURLをコピーしました