16パーソナリティの各タイプが嫌われる原因(xSxJ:番人)

MBTI(16パーソナリティ)

あなたがどんなに立派な人でも、あなたを軽蔑する人はいるでしょう。

嫉妬、誤解や根本的な考え方の違いから、あなたを好ましく思わない人はいるものです。

16パーソナリティでは、その性格が嫌われる特徴をうかがい知ることができます。

ここでは「xSxJ:番人」を紹介します。

スポンサーリンク

ESTJ(幹部)

厳格・独断的である

ESTJ(幹部)は、人に何をすべきか、どうしたらいいかを教えることに充実感を感じるタイプです。

彼らが示す明快さと指針を好む人もいれば、管理しすぎて窮屈に感じる人もいます。

さらに、ESTJは非常に意欲的で勤勉である傾向があるため、失望させられたり、基準を満たしたり、価値観を共有できない人に対しては冷淡に扱うことがあります。

怠惰であったり弱い意志の人の立場に立って考えることがないため、そういった人からの反発を受けやすいタイプです。

スポンサーリンク

ESFJ(領事館)

正義は人間関係の中で決定する

ESTJ(幹部)は規則や規制に厳格ですが、ESFJ(領事館)はエチケットや社会的行動基準、倫理に厳格です。

ESFJは、人間関係の調和と人々の協力を維持するという思いに基づいて、「受け入れられること」と「受け入れられないこと」を判断します。

人によっては、出る杭を叩く、多様性を認めない人というように感じます。

そのため、ESFJが不適切と見なすものは、人々の個性と自己表現を抑制するための行為であるかのように感じ取られてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

ISTJ(管理者)

狭心で古風な...

ISTJ(管理者)は非常に慎重であり、簡単に考えを変えることはありません。

彼らが一度決定したことは変えられないと思ったほうが良いでしょう。

一般的に、ISTJは非常に実務的であり、他の人が新しいアイデアを試すことを許そうとしない傾向があります。

彼らは、いま十分機能しているものを新しく変化させる必要性を感じないので、時代遅れになった後もずっと頑固に方法や手順を使い続けることがあります。

より良い、より速い方法があるかもしれませんが、ISTJは、本当に必要になるまで、確立されたシステムやルーチンを変更することをためらうことがよくあります。

ISFJ(擁護者)

恨みを記憶している

ISFJ(擁護者)は記憶力がよく、他の人の失敗を忘れないという傾向があります。

否定的な感情をため込む傾向があり、些細なきっかけでそれを思い出します。

何年も前の出来事をISFJが根に持っていることに気付くまで、なぜそんなことを覚えているのだろうかと不思議に思うかもしれません。

しかし、彼らは否定的な感情を心のどこかにしまい込んでいるのです。

※本記事はこちらのサイトを参考にしました。

mbti list | astroligion.com

タイトルとURLをコピーしました