ESFJ(領事官)の適職

ESFJの適職 ESFJ(領事官)

ESFJ(領事官)は、現実的で真面目な努力家です。

人間関係を大切にする性格でもあり、人との摩擦を生みにくいタイプです。

規則を守り、責任感も強いため、組織の中で行動することに最も適したタイプと考えられます。

体育会系の組織の中でも頑張っていけるとも言われていることから、会社でも上手く馴染むことができるでしょう。

一方、独創性に欠けることや、孤独を嫌うこともあるため、個人プレイが必要な環境には合わないことがあるでしょう。

スポンサーリンク

ESFJ(領事官)の仕事観

ESFJ(領事官)は、非常に外向性の高い性格です。

ESFJにとっての外向性は、自分を表現することよりも、人と上手く付き合っていくことに特化しています。

適度な自己主張と適度な献身性を兼ね備えた性格と言えます。

堅実的で責任感も強いため、任された仕事には全力で取り組みます。

実務的な性格は組織の中でこそ生かすことができる長所です。

一方で、「こうしたほうが良い」「ああしたほうが良い」といった創造性は弱いことに注意が必要です。

また、俯瞰的・客観的に物事を見つめるよりも個人的な視点で物事を見てしまう傾向にあるので、時には冷静に状況を見つめるようにしてください。

人間関係を大切にし、人との摩擦を生みにくいです。

しかし、批判に対して過剰に反応してしまうこともあるため、感情に振り回されないように気を付ける必要があります。

ビジネスの世界に限らず、社会人では時に非難を受けることや、批判される決定を下さなければならないこともあることを忘れないようにしましょう。

これまでのやり方が好きで、斬新さや革新性を求めない性格です。

新しいことに対する拒否感を持ってしまうことも多いでしょう。

近年は非常に動きが激しい社会ですので、「古い人」にならないように新しいことにも挑戦し、受け入れる心構えが大切です。

スポンサーリンク

ESFJ(領事官)の適職

ビジネス

実務性が高く、組織に馴染みやすい特徴は、会社の中で働くことに適しています。一方で、高度に専門的な内容や独創性を求められる職種や職位には適さないことがあります。また、職位が上がるにつれて全体を俯瞰できる視野を養う必要があります。

  • オフィスワーク全般
  • 業務における実務担当
  • 中間管理職

資格/士業

献身的な性質を発揮して活躍できる、医療系に対して適性があります。

  • 看護師
  • 歯科衛生士
  • 教職員(特に中学校以下)

20代なら転職できる可能性は高い

タイトルとURLをコピーしました