ESFJ(領事官)の7つの弱点

ESFJ(領事官)
スポンサーリンク

承認欲求

ESFJは、人の考えを重視します。相手を受け入れると同時に、自分も受け入れてもらいたいと思っています。組織やチームの中で自分を発見できるタイプです。意見や思いを強く主張するタイプではなく、周囲の同意がない場合は不安を感じます。また、グループ内での評価を重視する性格であり、そういった意味での承認欲求が強いと言えます。

スポンサーリンク

依存関係

ESFJは、依存体質でもあります。これは承認欲求が強いケースに顕著で、ESFJが必ず依存体質というわわけではありません。共感を重要視するため、友人や恋人に同意を貰わないと自分では何もできないという事態に陥ることがあります。一人で過ごすことが苦手で、誰かと一緒に居たいという気持ちが非常に強いです。そういった意味で依存性が高い性格と言えます。

スポンサーリンク

マジョリティー

ESFJは、マジョリティーな意見の代弁者です。多くの人が賛成する意見を正しいものと考えてしまう傾向があります。一方で、少数派(マイノリティー)の意見を異質で間違ったものと判断して、グループから排除しようとします。また、そういった意見を持つ人に対して、マジョリティーの意見を押し付けようとしてきます。

保守的思想

ESFJは、規則や伝統を疑うことなく受け入れるタイプです。組織やグループの中での暗黙の了解についても、問題なく受け入れることができます。逆に、そういった既存の空気を疑い、本当に正しいことは何かを分析して考えることが苦手です。論理的に正しいということよりも、「ここではこのルールでやっている」というこれまでの慣習に従うことを良しとします。

調和重視

ESFJは、調和を重視する性格で、対立を避けます。調和を乱す批判的な意見に非常に敏感で、「攻撃されている」と感じてしまうことがあります。そして私は被害者であるということを周囲に訴え、巻き込み、意見した人が悪いという空気を作り出します。客観的な視点自分を見ることが苦手で、すべては周りの空気を読みそれに合わせた行動が正しいと考えます。

過去に固執する

ESFJは、過去を大切にして、新しいことを受け入れにくい性格です。愛着のある物事に対して執着が強く、人間関係も同様です。そのため、新しい技術や生活様式を取り入れることに時間がかかることがあります。「どうしてそんな古いものを使っているの?」と聞かれても、「使い慣れているから」などの理由を付けて、これまでからの変化を避けてしまいます。

無欲

ESFJは、非常にフレンドリーな性格です。平穏で安定した関係を作るタイプであるため、自分の欲求を満たすことよりも、周りの空気や流れ、ノリを重視してしまいます。そのため、無欲な人だと思われることが多いです。しかし、この無欲さは人との良好な関係を作る秘訣であり、無駄な争いごとを起こさないための方法でもあります。

ESFJ(領事官)の性格概要

タイトルとURLをコピーしました