ESTJ(幹部)の適職

ESTJの適職 ESTJ(幹部)

ESTJ(幹部)は、最強の実務者です。

外向的で、現実的、論理的な性質を持っており、仕事においては高い適性があります。

年収データを見ると性格別で2位となっていることからも、仕事向きの性格と言えます。

短所としては、寛容性が低いことや批判的な見方、新しいことへの抵抗感が挙げられます。

スポンサーリンク

ESTJ(幹部)の仕事観

ESTJ(幹部)は、外向性が高く、自分の考えを発信することができます。

自分が正しいと思うことを表現することを得意とします。

口うるさい頑固な人と思われるのはこの性質のためです。

実務的な性格であり、責任を果たそうと努め、目の前の仕事をしっかりこなすことを大切にします。

理想論を追いかけるタイプではなく、「今どうするか」に専念するタイプと言えます。

感情よりも論理を優先することから、時には人に厳しく当たります。

規則や手順に対して厳格であり、それを守らない人を非難することもあるでしょう。

厳しい人と思われることもありますが、それはESTJの良い点でもあります。

決断を下すこと、決めたことをやり通す気概があることから安心して仕事を任せられることでしょう。

このようにESTJは、仕事を厳格に処理することに適した性格となっています。

一方で、柔軟性と寛容性に欠ける点が弱点になります。

新しいことを受け入れる姿勢や突発的な出来事に対して処置できる能力を伸ばすと良いでしょう。

部下や関係者に対して必要以上に厳しい指摘をしないことや、多少の失敗に対して許容することを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

ESTJ(幹部)の適職

ビジネス

実務性が高く、的確に着実に仕事をこなすことができるため、あらゆるビジネスに対して適性があります。また、管理職級に必要な資質も十分備えています。しかし、エグゼクティブクラスに必要な資質である先見性や理想を掲げる能力については不足する部分があります。

  • オフィスワーク全般
  • 中間管理職
  • マネージメントクラス

資格/士業

士業や国家資格を必要とする職種に対しても幅広く適性があります。決められたことを遂行する力強いため、先人の存在する仕事であれば大いに活躍できるでしょう。

  • 裁判官
  • 薬剤師
  • パイロット

理系の職業について詳しく知りたい方は

20代なら転職できる可能性は高い

タイトルとURLをコピーしました