ISFP(冒険家)とENTJ(指揮官)の相性

ISFP-ENTJ ENTJ(指揮官)

相性レベル ー ★

ISFP(冒険家)とENTJ(指揮官)は正反対の性格です。

各記号全てが反対であり、物事の見方から考え方、行動に至るまですべてが真逆です。

ISFP(冒険家)は xSxP(探検家)に分類され、ENTJ(指揮官)はxNTx(分析家)に分類されます。

内気で現実的、人の感情に敏感、自由なタイプであるISFP(冒険家)に対して、外向的で理想主義、論理的、決断が得意なENTJ(指揮官)は相性がいいとは言えません。

友人関係:

同じコミュニティーに属した場合には、仲良くもなく、仲悪くもなく接することができるでしょう。

これは全く真逆の性格のため、物珍しいためです。

一方で、強制的に接触する必要がない環境では友人関係になることは少ないでしょう。

やはり友人は、真逆の性格の人間より、近しい性格の人間を選ぶものと言えます。

恋人関係:

小さな争いが絶えない関係と言えます。

恋愛初期ではお互いの違うところを刺激的に感じるため、いい関係のように感じることもあります。

しかし、長い間一緒にいると考え方の違いに何度も直面することになるでしょう。

ISFP(冒険家)とENTJ(指揮官)が良好な恋愛関係を築くためには、全く違う考え方であることを理解して、認め合えるだけの懐の深さをお互いが持っていることが必要になるでしょう。

スポンサーリンク

ISFP(冒険家)から見たENTJ(指揮官)

ISFP(冒険家)にとってENTJ(指揮官)は、理解しにくい人でしょう。

外向的なENTJ(指揮官)は発信力が高く、目立つ存在であるため、ISFP(冒険家)にとっては疎ましい存在であることがあります。

自分とは全く逆の性格の人が主導権を握っている時には嫌悪感を示すことが一般的です。

ENTJ(指揮官)は、リーダーシップに優れた性格であるため、ISFP(冒険家)はその姿を輝かしいものとしてとらえることもあるでしょう。

関係性が遠ければ尊敬の感情も強くなりますが、関係が近ければ嫌悪の対象になると言えます。

スポンサーリンク

ENTJ(指揮官)から見たISFP(冒険家)

ENTJ(指揮官)にとってのISFP(冒険家)は、自分と違って愚鈍な人に見えるでしょう。

ENTJ(指揮官)は、 有能であれば社会的に優位に立ちやすい性格です。

そのため、自分の方法論(メソッド)が正しいと感じやすいため、他の方法を選択する人に対して「なぜ間違ったことをするのだろう」と思うことがあります。

ISFP(冒険家)は真逆の考え方や行動をとるため、ENTJ(指揮官)から見ると間違えている人に見える傾向にあるでしょう。

特に、ENTJ(指揮官)は、決断することや断定することに価値を感じるため、ISFP(冒険家)の決められない、可能性を残しておくような言い方、考え方、行動はダラダラしているように見えます。

もちろんISFP(冒険家)にはISFP(冒険家)の良い点がありますが、ENTJ(指揮官)にはその良い点を評価しにくいし感じ取りにくいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました