16パーソナリティの各タイプが嫌われる原因(xSxP:探検家)

MBTI(16パーソナリティ)

あなたがどんなに立派な人でも、あなたを軽蔑する人はいるでしょう。

嫉妬、誤解や根本的な考え方の違いから、あなたを好ましく思わない人はいるものです。

16パーソナリティでは、その性格が嫌われる特徴をうかがい知ることができます。

ここでは「xSxP:探検家」を紹介します。

xSxP:探検家
スポンサーリンク

ISTP(巨匠)

他人の感情への関心がない

ISTP(巨匠)は、感情を感覚的に表現する傾向にあります。

ハグ、タッチやマッサージといったように、触れることで感情や愛情は伝わると思う傾向があります。

しかし、一般的には会話によって自分への関心度を感じます。

「今日は何をした」「最近どう?」といったように、質問されることで自分への興味関心をうかがい知っています。

しかし、ISTPタイプの人は、この手の質問をすることはあまりありません。

いわゆる口下手なタイプであり、人に興味がないような印象を与えてしまうことがあります。

スポンサーリンク

ISFP(冒険家)

ズレた行動をする

ISFP(冒険家)は愛想が良い傾向がありますが、時には敵を作ってしまいます。

ISFPは、独自の世界観を持ち、型にはまったことを嫌う傾向にあるため、少し変わった人と思われることがあります。

ルールや伝統を重視する人たちからは、あまり好意的に見られないことがあります。

また、興味のないことに対して行動が遅く、さぼりがちに見えることも原因でしょう。

スポンサーリンク

ESTP(起業家)

自分にしかできないことを探す

ESTP(起業家)は、人々を説得し、興味を誘発させる天才的プロモーターです。

ESTPは、人々の認識操作および管理に熟練しています。

行動が先行する傾向が強いためトラブルに巻き込まれやすいですが、運や狡猾さといった力でトラブルから抜け出す実力も備えています。

しかし、規則や管理を嫌い、それが行動に現れるため、勝手な暴れ馬という印象を持たれてしまうことがあるでしょう。

ESFP(エンターテイナー)

自己愛ゆえの行動

ESFP(エンターテイナー)は、他の人の称賛を浴び、好かれたいと思っています。

ユーモラスなタイプであり、人々から受ける応援や励ましによって元気づけられます。

ESFPは、他人の変化を見逃がさないための観察とその確認が非常に重要だと考えます。

自分が幼く感じたり、愛情に飢えている、無視されていると感じた場合には、一度立ち止まってみる必要があります。

楽しんでもらいたいと思って行動することが多い一方で、笑わせたり、自分が好かれたいと思って行動した場合には注意が必要です。

自己愛ゆえの行動が人に不快感を与える場合もあります。

※本記事はこちらのサイトを参考にしました。

mbti list | astroligion.com

タイトルとURLをコピーしました