ISFP(冒険家)の7つの弱点

ISFP(冒険家)
スポンサーリンク

スケジュールを守れない

ISFP(冒険家)は、自発的に動くことに重点を置き、管理されることを嫌います。そのため、スケジュールを立てることを嫌い、守ることも苦手です。衝動的な行動が次のスケジュールにどのように影響を与えるかを考えきれない(気にしない)ため、突然予定をキャンセルすることもあります。締切日にたいしてもギリギリで、遅れることも少なくありません。

スポンサーリンク

計画性がない

ISFP(冒険家)は、刹那的に生きる性格とされます。長期的な視点より短期的な視点が強く、目先の成果や満足を優先します。将来的なビジョンを描いている人も少ない性格でもあります。時に目標を定めることがありますが、大まかな枠組みのみであり、明確で具体的な部分が欠けていることが多々あります。

スポンサーリンク

ストレスに強い影響を受ける

ISFP(冒険家)は、行動と感情が強く結びついたタイプです。しかし、感情をストレートに表現するのではなく、芸術などの婉曲的な方法で表現することを得意とします。ストレスのかかる状況では、大きな影響を受けます。感情を閉じ込め、人の意見を聞かなくなったり、交流を断つことがあります。通常は冷静で穏やかなタイプである為、周りを困惑させます。しかし、ISTPは一人の世界で英気を養う為、時にはゆったりと過ごすことが効果的です。

規則と手順への反抗

ISFP(冒険家)は、型にはまらない仕事が得意です。しかし、N(理想)型ではなくS(現実)型であるため、Neタイプのように根底を覆すようなイノベーションを起こすわけではありません。効果が明確な方法を編み出すため、多くの人に受け入れられる傾向があります。規則や手順が決まった作業が苦手であり、変革しようとします。ルールの中では反抗的になり、独自のやり方に固執してしまいます。

善意の忠告を嫌がる

ISFP(冒険家)は、他人から批判されることを恐れずに行動する一方で、その批判によって自分の心が変わってしまうことを嫌がります。ナイーブな性格でもあるため、非難や罵声を浴びるとプライドが傷つきます。ISFPは、善意の忠告も悪意の非難も同じようなものに感じてしまう傾向があります。自分のアイデンティティーが影響を受けることを非情に嫌がるタイプです。

気まぐれな完璧主義

ISFP(冒険家)は、褒められたり感謝されることに価値を感じないことがあります。独自の基準と理想を持つため、他人と比べることが少ないタイプです。自分の作り出した完璧と現状を比較しながら自己研鑽を繰り返すことができる一方で、成長のない自分に苛立ちや不安を感じ、自己肯定感が低下することがあります。

コミュニケーション不足

ISFP(冒険家)は、口数の少ないタイプでもあります。Se(外交的感覚)タイプのISFPは、Ne(外交的直観)タイプと比較して言葉を通じてのコミュニケーションが少ない傾向があります。Neタイプは溢れ出るアイデアを話し合いながら物事を進めることが好きなのに対して、ISFPのようなSeタイプは行動を通じて経験することを好みます。さらに、I(内向的)タイプであることから口数が少ないことが多いです。言葉でのコミュニケーションが少ない分、自己開示がおろそかになりがちで、人から誤解を受けることもあるでしょう。

ISFP(冒険家)の概要

タイトルとURLをコピーしました