ESFP(エンターテイナー)の適職

ESFPの適職 ESFP(エンターテイナー)

ESFP(エンターテイナー)は、陽気で友達が多く、遊び好きなタイプです。

楽しいことが好きで、人を喜ばせたりすることも好きな人が多いです。

人とうまくコミュニケーションが取れるため、友人が多い傾向にあります。

欠点としては、人との交流がないと継続が難しいことと、計画性がないことです。

大まかな計画や準備はできても、綿密性が低いことが多々あります。

これは、ENFPが柔軟性を残しておくことに意義を感じるタイプであるためです。

スポンサーリンク

ESFP(エンターテイナー)の仕事観

ESFP(エンターテイナー)は、外向性が高く、人との交流が上手いタイプです。

楽しいことがこの上なく好きなESFPは、活動的で遊びが得意です。

職場でも人間関係に大きな問題を抱えることは少ないでしょう。

”今”を重視するxSxP型であるため、大局的な見方や理想論にはあまり興味を示しません。

論理より感情を重視する傾向が強いため、やるべきことよりも、(自分・他人が)やりたいことを優先することがあります。

何事にも楽しさを求めてしまうことから、優先順位を無計画に変更してしまうことがあります。

ルールにも無頓着にならないように注意が必要です。

仕事での欠点としては、こういった責任感のない行動をしてしまうことにあります。

一方で、柔軟性が高く、融通の利くタイプです。

仕事ではこういった長所を生かしていくことが重要になります。

優先順位を的確につけること、決められた手順を守ること、将来を見据えた綿密な計画を立てることが出来ればESFPの弱点を克服できます。

スポンサーリンク

ESFP(エンターテイナー)の適職

教育/公務員

人間関係が円滑であることに加えて、柔軟性が高いため、教職に適性があります。一方、事務作業の多い公務職には退屈する可能性があるので、オフィス外に出ることがあるものを選択すると良いでしょう。

  • 教員全般

ビジネス

サービス業に適性があります。一方、過度に管理された組織には退屈する可能性があります。

  • 美容師
  • 営業職
  • サービス業全般

その他

人と関わることや仕事自体に楽しさという充実感が得られる職種が良いでしょう。

  • スポーツインストラクター
  • デザイナー

20代なら転職できる可能性は高い

タイトルとURLをコピーしました