ISTP(巨匠)の適職

ISTP(巨匠)の適職 ISTP(巨匠)

ISTP(巨匠)には「体感して学ぶ」という大きな特徴があります。

基本的に何事にもやってみる姿勢を大事にするISTPは、「触れられるものを扱う仕事」が向いていると考えられます。

一方で、人とのつながりを必要としないタイプなので、人との交流をあまり求められない職業がよいかもしれません。

スポンサーリンク

ISTP(巨匠)の仕事観

ISTPは抽象的なことや、空想的なことに対して興味を抱きません。

目の前の具体的な問題や課題に対して取り組むことが得意であるため、巨匠という呼称が用いられます。

何をどのように使えばより良くなるかを考えることに強みがあるタイプです。

ツールを使いこなすことに長けており、すこし頑固な面もあるISTPは、答えのない仕事や人とのコミュニケーションが中心になる仕事には向いていないと思われます。

スポンサーリンク

ISTP(巨匠)の適職

問題の分析や解決への実践的なアプローチが得意であるため、エンジニアなどのモノづくりに関する職業に広い適性があると考えられます。

ただし、上位設計などの全体構想を考えるエンジニアには適性が下がることが予想されます。

職人/エンジニア

  • エンジニア
  • 研究者
  • 整備士
  • 料理人

医療関係

  • 臨床検査技師
  • 臨床工学技士
  • 救急救命士
  • 歯科衛生士
  • 歯科医師
  • 医師

公務員

  • 警察官
  • 消防官
  • 自衛官

理系の職業について詳しく知りたい方は

20代なら転職できる可能性は高い

タイトルとURLをコピーしました