ESFP(エンターテイナー)の7つの弱点

ESFP(エンターテイナー)
スポンサーリンク

精神的に幼く見える

ESFPは、遊び心の残る、子供っぽい性格です。面白いことや楽しいことを重視しており、人を楽しませることも好きです。一方、責任感に欠ける行動も多く、何か問題が起きると人のせいにしたりします。自由奔放、自分勝手に見られることがあるので、自分にとって楽しいことばかりを優先してしまわないように注意が必要です。

スポンサーリンク

逃げる力

ESFPは、自分にとって居心地の悪い空間から逃げる力に優れています。責任を問われたり、悪者にされたり、からかわれたりする時に、持ち前のユーモアやセンスで状況を好転させます。しかし、この姿勢はある種の逃げる行為です。物事を真剣に受け止めず、深く反省しないことと表裏一体と言えます。自分にとって都合のいい空間に変える力で、上手く切り抜けようとする魂胆を見透かされることもあるでしょう。

スポンサーリンク

計画を甘く見る

ESTPは、計画の重要性を感じていないタイプです。一つの理由としては、その場での即応力に自信があり、それを最も重要なものであると考えているためです。もう一つは、その時その時で楽しいこと、心惹かれることを選ぶことを望んでいるためです。結果として、長期的な計画を立てて、その通りに実行することに価値を感じず、進んで計画的に行動しようとすることはありません。

無謀

ESFPは、無謀と思われるような行動をとる傾向があります。衝動的に行動するため、自分の言動がどのような影響を与えるかを考えないケースが多く、非常に危険な橋を渡るタイプと言えます。こういった突発的なリスクに対して即応してきた過去が、ESFPに自信を与え、「リスクは回避するべきである」という考え方から遠ざけます。本人は進んでリスクを取っているとは思っていませんが、周囲の人には「もう少し気を付ければいいのに」と思われてしまいます。

セルフケア

ESFPは、自己管理といったセルフケアを苦手とします。ただ、ESFPは他の性格に比べておしゃれであると言われます。外見的な部分には気を使いますが、健康やメンタルといった見えない部分に対する感度が低い傾向にあります。快楽主義で自制心が弱い状態のESFPは、自分の体調を考えずに行動して、病気に罹ったりします。ファッション以外の点にも気を配って自己管理する必要があります。

集中力

ESFPは、集中力に欠ける性格です。長時間、あるいは長期間一つのことに集中して取り組むことが苦手です。興味の幅が広く、また人との交流を好むため、あらゆる場面で気が散ってしまいます。

真実の誤認

ESFPは、自分が認識したことを正しいと考えて行動します。論理的な正しさを追求することよりも、主観的に感じたことを正しいものと考える傾向にあります。また、ESFPは善意で他の人にその事実を伝えたいと思っています。残念ながら、その事実は間違っていることも多いことを自覚する必要があります。

ESFP(エンターテイナー)の性格概要

タイトルとURLをコピーしました