ISTP(巨匠)の7つの弱点

ISTP(巨匠)
スポンサーリンク

義務と興味

ISTP(巨匠)は他人の利益よりも自分の利益を重視する傾向にあります。義務や責任よりも個人的な興味を優先してしまうことが多いと言えます。人を助けることは好きであるため、頼まれれば協力してくれます。しかしながら、何事に対しても意欲的で気まぐれな性格が災いし、頼まれごとを忘れてしまったり、後回しにしてしまうことがあります。

スポンサーリンク

感情を隠す

ISTP(巨匠)は自立的な傾向があります。INTP(論理学者)と同様に精神的な独立を望む傾向が強いです。自分が感じていることをむやみに声や表情に出さず、心の中に留めておきます。そのため、親密を相手に与えることが少なく、恋人や親友を作る妨げとなっている場合があります。時には感情を爆発させるISTPですが、不満をため込んでいる様子が周りからは感じにくいために、驚かれることがあります。

スポンサーリンク

気持ちに鈍感

ISTP(巨匠)は他人の感情に興味がありません。Tiタイプであるため、他人の感情よりも自分の思考に夢中です。感情ではなく事実を優先するタイプであるため、自分の発言が他人にどのように感じられるかをあまり考えません。INTP(論理学者)と同様にFeが低いことが欠点です。しかし、人間関係の調和を保つ基礎や実践を通して急激に改善されることもあります。

孤独指向

ISTP(巨匠)は孤独を愛しています。部屋に一人で隔離されたとしても悠々と過ごしてしまうでしょう。この孤独耐性が厄介で、放っておくと引きこもりがちになってしまい、よい人間関係が築けません。人と接しないことはISTPにとっては居心地のいいことかもしれませんが、精神的な健康のために、時には人とのコミュニケーションが重要です。

ルール無用

ISTP(巨匠)は規則を面倒だと感じる傾向があります。ISTPが何かをするときにルールは邪魔でしかありません。やりたいことをやるという姿勢が強く、時にルールでしばりつけてくる上司や親と衝突することがあります。

飽き性

ISTP(巨匠)は興味の範囲が広く、何にでも手を出したくなる性分です。心動かされることのない世界がつまらないと感じます。そのためか、落ち着きがないように見えることもありますし、時には興味が突然移ることで約束を破ったりしてしまいます。ISTPは自由で柔軟な環境の中で成果を上げるタイプと言えます。

座学が苦手

ISTP(巨匠)は”学校”のスタイルを好みません。実践的な学習スタイルを好むため、机に座って授業を聞かねばならない学校は苦痛です。そのため、学生時代には成績が良くない人が多いです。そのためか、ISTPタイプは他のパーソナリティと比べてADDやADHDの診断を受ける人も多いです。ISTPは実際に五感で近くしながら実践的なスキルを獲得するタイプと言えます。

ISTP(巨匠)の性格概要

タイトルとURLをコピーしました