ISFP(冒険家)とINFP(仲介者)の相性

INFP-ISFP INFP(仲介者)

相性レベル ー ★★★★

ISFP(冒険家)は xSxP(探検家)に分類され、INFP(仲介者)はxNFx(外交官)に分類されます。

ISFP(冒険家)とINFP(仲介者)は非常に似たところの多いペアです。

控え目で内向的な、人の気持ちの分かる人間性溢れるタイプで、自由を愛します。

違いとしては、現実志向であるか理想志向であるかという点が挙げられます。

ISFP(冒険家)のほうが表現者に近いと言えます。

ISFP(冒険家)は、自分で何かを作り上げる、表現することに重点を置いた考え方をします。

一方、INFP(仲介者)は創作物を楽しみ、評論したり、理想論を語ることを好みます。

友人関係: ★★★★

似た者同士として良好な関係を築けるでしょう。

似たところがあるなという親近感をとても感じやすく、行動タイプも似ていることから、自然と同じコミュニティに集まっていくでしょう。

恋人関係: ★★★★

友人関係と同様、似た者同士として仲睦まじい関係が期待できます。

ただし、性格が似ているため、新しい発見が少なくドキドキするような機会は少なくなるかもしれません。

安定した関係を望む二人なので、そういった刺激の少なさにも満足できるでしょう。

得意不得意が似ているため、視野が狭くなってしまうところだけが欠点と言えます。

スポンサーリンク

ISFP(冒険家)から見たINFP(仲介者)

ISFP(冒険家)にとってINFP(仲介者)は、非常に似た思想を持つ、よき理解者となるでしょう。

ISFP(冒険家)が発信者になることが多く、INFP(仲介者)はそれを喜んで受け止める側になります。

ISFP(冒険家)は、比較的感性の近いINFP(仲介者)に安心して考えや行動について話すことができるでしょう。

尊敬や嫌悪といった感情はなく、同士として認識するはずです。

一方で、何かを作り出して形にしようとすることの少ないINFP(仲介者)に疑問を感じることもありますが、また違った広い視点を持つ点を評価します。

スポンサーリンク

INFP(仲介者)から見たISFP(冒険家)

INFP(仲介者)にとってのISFP(冒険家)は、実務的な自分を見るように感じるでしょう。

ISFP(冒険家)は、INFP(仲介者)に比べて考えていることを表現することに長けているため、そういった点を高く評価します。

「あるべき論」(特に道徳的な部分)について考えるのが好きなINFP(仲介者)ですが、ISFP(冒険家)はよき理解者になります。

自分の世界観を大切にするINFP(仲介者)は、世界観を表現したり発信しようとするISFP(冒険家)を同士と考えます。

ともに、心の中に自分らしさを持つタイプであると気づいて安心感を感じます。

恋愛に大切なのは「キョリ」

恋愛においては、相性が大切です。

しかし…

何よりも大切なのは直接会えること!

「住んでいる場所が近い」「行動範囲が同じ」など、会いやすい環境にあることは重要な条件です。

すれ違いを恋のきっかけにするマッチングアプリ【CROSS ME】!

「すれ違い」機能により近くの人とマッチングできるので”運命の出会い”に近づけた恋活アプリです。

サーバーエージェントグループが運営しているため安心安全を提供しております。

まずは登録して使い勝手を確認してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました