ENFJ(主人公)の適職

ENFJ(主人公)の適職 ENFJ(主人公)

ENFJ(主人公)は、人を助けることの生きがいを感じるタイプです。

自己犠牲的な人助けではなく、自分の力を存分に発揮して貢献できることに喜びを感じます。

そのため、人との交流がある仕事が適職として考えられます。

スポンサーリンク

ENFJ(主人公)の仕事観

ENFJ(主人公)は、社交的で人との交流を好みます。

知的でありながら、人の心に寄り添う心あたたかさを持っていることから、非常に人に好かれやすいタイプといえます。

一方、勤勉であり、頼られることの多いENFJは、自分のキャパシティを超える仕事を引き受けてしまうこともあります。

人間関係に問題を抱えたくないENFJは、頼まれた仕事を断ったり、中途半端な形で請け負うこともできません。

スポンサーリンク

ENFJ(主人公)の適職

ENFJ(主人公)は、人との交流があり、自分の力で導いていく職業に適性があると考えられます。

一部では、教員に最も適した性格であると言われています。

教育

  • 教師
  • スクールカウンセラー

ビジネス

  • 営業
  • 旅行代理店
  • プランナー

クリエイティブ

  • 広告代理業
  • コピーライター

20代なら転職できる可能性は高い

タイトルとURLをコピーしました