INFP(仲介者)同士の相性

INFP(仲介者)
スポンサーリンク

相性レベル ー ★★★★

INFP(仲介者)とINFP(仲介者)の相性は良好です。

INFP(仲介者)は、xNFx(外交官)に分類されます。

基本的には、同じ性格タイプ同士の相性は良好とされ、お互いに行動や考え方を想像できるため、ストレスが生じにくいと言えます。

≫INFP(仲介者)の特徴

友人関係: ★★★★

友人関係は非常に良好です。

互いに理解のある関係を築くことができるでしょう。

INFP(仲介者)は、他人に寛容であり、認めようとする特徴があります。このような姿勢は友人関係においても重要です。過度に干渉せず、何事にも共感する姿勢を見せるINFP(仲介者)は友人に困らない性格ですので、INFP(仲介者)同士でも良好な関係を築けるでしょう。

ただし、互いに内向的な性格であるため、自分から積極的に交流を深めようという行動が少なく、第三者の介入が必要かもしれません。

恋人関係: ★★★★

友人関係と同様に、良好な関係を築くことができるでしょう。

注意しなくてはならないのは、刺激し合えない関係になることです。

INFP(仲介者)は相手に強く要望を伝えることはあまりないため、刺激し合えない関係になる可能性があります。また、少し気に入らないところがあっても受け入れようとしてしまいます。

お互いを高め合うためには思ったことや気になったことを口に出して伝えてみる必要があります。

スポンサーリンク

INFP(仲介者)から見たINFP(仲介者)

INFP(仲介者)は、お互いに温和で安心できる仲間です。

互いに人に寛容な性格であるため、嫌いになるきっかけがありません。

内向的な性格であるため過度な干渉はしませんが、これが災いしてお互いの距離を近づけようとすることがなく、交友関係が深めにくい可能性があります。独自の世界観を持つINFP(仲介者)にとっては、不干渉であることも重要です。

INFP(仲介者)同士で人間関係を構築する際には、間を取り持ってくれる第三者の存在があることが多いはずです。何かのきっかけがなければ交友関係が発展しない二人と言えるでしょう。

行動特性分析(コンピテンシー診断)提供しているサービス

ミイダスコンピテンシー診断が無料で利用でます。

コンピテンシー診断では、あなたの職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、 ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー(行動特性)を分析できます。

市場価値診断なら、ミイダス!

こんな人にオススメ
転職活動中の方
・転職に向けて情報収集したい方
・自己分析・面接対策をしたい方
コンピテンシー診断を受けてみたい方 ←オススメ

タイトルとURLをコピーしました