INTP(論理学者)の適職

INTPの適職 INTP(論理学者)

INTP(論理学者)は、自立心の高い戦略家です。

批判的で疑い深い性格ですが、それは真実や心理を知るために、あらゆる面から検討するためであり、決して頭ごなしに否定しているわけではないのですが、人には伝わりにくいでしょう。

「愚痴の多い否定的な奴だ」と思われないように注意が必要です。

内向的なタイプであり、自己完結的な思考をする傾向にあるため、常に人との連携を取らなければならない仕事にはストレスを感じます。

スポンサーリンク

INTP(論理学者)の仕事観

自分の頭の中で「ああでもない、こうでもない」と考えることが好きな傾向があります。

また、その結果導かれた論理的な結論を他者に公開したいという思いはあまりありません。

自己完結的な節があり、人を説得しようとしないところが欠点になります。

会社では他者を巻き込んで進めていくべきことが多いため、せっかくの知性が活かせないことがあります。

論理的であることを重視する性格であり、インスピレーションなどは信用しません。

知的ですが、コミュニケーションに難があるところが欠点です

理系の陰キャという表現が最も当てはまるタイプです。

また、物事の全体像が見えると「あとは実行するだけだ」と思ってしまい、細部を詰めるところに着手することが億劫になります。

そのため、実行者としては向かず、研究や開発などの理系の上位職最も適性があると考えられます。

スポンサーリンク

INTP(論理学者)の適職

教育/公務員

お役所的仕事に適性はないものの、研究に対する適性が高いため、大学教員をリストアップしました。

  • 大学教員

資格/士業

高度に知的な処理を必要とする業務に適性があります。一方、顧客交渉が必要な仕事には向きません。

  • 医師

ビジネス

ITや工学などに強い適性を示す。しかし、組織立って動かねばならない状況やルーチンワークを嫌うことに注意が必要です。また、人からの干渉を受けにくい専門性の高い地位を確立することで活躍の幅は広がるでしょう。

  • プログラマー
  • AI・IoT技術者
  • 企業の研究職
  • 各種アナリスト
  • アクチュアリー

理系の職業について詳しく知りたい方は

20代なら転職できる可能性は高い

タイトルとURLをコピーしました