ISFP(冒険家)とISTP(巨匠)の相性

ISFP-ISTP ISFP(冒険家)

相性レベル ー ★★

ISFP(冒険家)とISTP(巨匠)は、同じxSxP(探検家)に分類されます。

共に束縛を嫌う傾向にあるため、お互いの行動の根底にあるものを理解できるでしょう。

ISFP(冒険家)とISTP(巨匠)の大きな違いは、感受性と論理性です。

ISFP(冒険家)は感受性豊かであり、ISTP(巨匠)は論理や経験に学ぶタイプです。

ISFP(冒険家)が芸術家タイプ、ISTP(巨匠)が職人タイプと言われるのはこういった違いによるものです。

共に社交性が高いタイプでないこともあり、歩み寄るタイミングが少なく、普通の相性です。

考え方も表現方法も異なるため、互いに興味がないことが多いでしょう。

友人関係: ★★★

友人関係では行動原理の似た者同士が相性がいいと言えますので、内向的で自由を好むISFP(冒険家)とISTP(巨匠)には共通点が多く、相性がいいと言えそうです。

しかし、表現方法が異なる上に、積極的に交友関係を広げるタイプでないところがマイナスとなり、普通の相性となります。

恋人関係:★★★

友人関係と同様で、お互いに関心や興味を持つことが少ないでしょう。

そのため、恋愛関係になることは少ないと言えます。

似ているようで微妙に違うことから、安心感も魅力も中途半端になりがちです。

スポンサーリンク

ISFP(冒険家)から見たISTP(巨匠)

ISFP(冒険家)にとって、ISTP(巨匠)は方向性の違う似た者同士です。

比較的多様性を受け入れるISFP(冒険家)から見て、ISTP(巨匠)は頑固者に見えます。

また、自分の守備範囲にプライドを持つISTP(巨匠)は少しとっつきにくいタイプだなと感じます。

ISFP(冒険家)とは似たところが多いものの「ISTP(巨匠)はもう少し他者へ配慮した行動や発言をすべきだ」と思うこともあるでしょう。

ISFP(冒険家)にとってISTP(巨匠)は、あまり魅力を感じにくいでしょう。

ISTP(巨匠)の持つ良いところは、ISFP(冒険家)自身も兼ね備えているためです。

そのため、友人関係はまだしも、恋愛関係に発展しにくいことでしょう。

スポンサーリンク

ISTP(巨匠)から見た ISFP(冒険家)

ISTP(巨匠)には、ISFP(冒険家)が適当に生きている人間に見えることがあるでしょう。

ISTP(巨匠)は何かのプロフェッショナルであろうとします(実力はどうあれ)。

一方、ISFP(冒険家)にはそういった固執はあまりありません。

そのため、何に真剣に取り組みたいのか、何を大切にしているのかが分かりにくいISFP(冒険家)に疑念を持つこともあるでしょう。

人間関係が温和なISFP(冒険家)を羨ましく思う面もあります。

ISTP(巨匠)は頑固で他者を寄せ付けない傾向があるので、友人と仲良くできるISFP(冒険家)を羨ましいと思います。

タイトルとURLをコピーしました