【天職探し】適職か判断する3つの指標

あなたが仕事を探すときに重視するものは何でしょうか。

転職する方、これから社会人になる方はどういった観点で仕事を選んでいるでしょうか。

仕事内容に満足するためには、個人の適性を考える必要があります。

私は、仕事選びに悩む人に「次の3つのうち、2つを満たす職業を選択すべき」とアドバイスしています。

  1. 年収が高い
  2. 休暇が多い(残業が少ない)
  3. やりがいがある

一般的な人であれば、この3つのうち、2つを満足していれば仕事が長続きすると考えられます。

もちろん、「年収が高ければいい」「休暇があればいい」「やりがいさえあればいい」という特殊なケースもあると思います。

しかし、その場合でも他の2つの項目が「その人にとっての最低限をクリアしている」はずです。

「年収が高ければいい」と答える人は、高収入な仕事にやりがいを感じているのではないでしょうか。

「休暇があればいい」と答える人は、趣味に使えるだけのお金を稼いでいるのではないでしょうか。

「やりがいがあればいい」と答える人は、生きるのに困らない収入があるのではないでしょうか。

人によって基準は異なりますが、何らかの形で3つのうち2つは満足しているはずです。

そうでなければ、おそらくその仕事は長続きしないでしょう。

スポンサーリンク

会社口コミサイトの指標

会社の口コミを掲載しているWEBサイト「openwork」では、以下の8項目を会社評価の指標としています。

  • 待遇の満足度
  • 社員の士気
  • 風通しの良さ
  • 社員の相互尊重
  • 20代成長環境
  • 人材の長期育成
  • 法令順守意識
  • 人事評価の適正感

さらに、ここに付け加える形で、2項目が公開されています。

  • 残業時間
  • 有給休暇消化率

以上の10項目を先ほどの3つの指標に分類してみると次のようになります。

年収が高い

  • 待遇の満足度

休暇が多い(残業時間が少ない)

  • 残業時間
  • 有給休暇消化率

やりがいがある

  • 社員の士気
  • 風通しの良さ
  • 社員の相互尊重
  • 20代成長環境
  • 人材の長期育成
  • 法令順守意識
  • 人事評価の適正感

「年収が高い」と「休暇が多い」については明確な指標があると言えます。

一方、「やりがいがある」という点については非常に色々な項目が入り混じっています。

「仕事のやりがい」は人によって大きく違うということが読み取れると思います。

スポンサーリンク

仕事選びの基準を決める

仕事を選ぶときには次の3つの指標について、自問自答してみることを勧めます。

  1. 年収が高い
  2.  どれくらいのお金が欲しい?世の中の平均以上?友達以上?
  3. 休暇が多い(残業が少ない)
  4.  休暇には何をする?のんびりする?趣味をする?
  5. やりがいがある
  6.  自分にとってやりがいとは何?人に感謝されること?達成感が感じられること?

まずはそれぞれについて、自分の基準を明確にしましょう。

一口に「年収が高い」と言っても、年収1000万円なのか、1億円なのかで大きく違います。

自分の近い将来、あるいは遠い未来にどのような生活をしたいかというところから逆算して基準を決めてみましょう。

そして、その基準のうち、せめて2つはクリアできる仕事に就きましょう。

このように、仕事選びの方法を決めておくことで「思ってたのと違うな」となった時にすぐに転職することができます。

スポンサーリンク

まとめ

天職は簡単に巡り合えるものではありません。

しかし、まずは紹介した3つの指標のうち、2つをクリアできる仕事に就くことからスタートしてみてください。

  1. 年収が高い
  2. 休暇が多い(残業が少ない)
  3. やりがいがある

もし、一つも満足していないという職場で働いているのであれば、転職を考えると良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました